スクリーンショット 2011-10-21 22.36.11.png

スクリーンショット 2011-10-22 0.12.14.png

活動内容

(1) 講演会主催による啓発活動

(2) 著作による啓発活動

(3) 講師派遣による啓発活動

(4) 発達に偏りをもつ子どもの支援技術に関する研究

※ 診察や個別的なご相談(医療相談、療育相談、受診先の紹介相談等)はお受けしていません。吉田友子医師の診療の場は今後ともよこはま発達クリニック http://www.ypdc.netです。


主宰者略歴

吉田 友子(よしだ ゆうこ) 東京都出身 児童精神科医師

1985年、東京慈恵会医科大学卒業。

横浜市総合リハビリテーションセンター児童精神科、横浜市北部地域療育センター診療係長等を経て、2000年2月から発達障害専門民間クリニックである、よこはま発達クリニックに勤務している。また1994年から横浜市で療育相談を担当し、市内の複数の保健所で医療機関受診前の親子の相談に当たっている。2005年2月からペック研究所(Institute of Psychomedical Education for Children)を主宰し情報発信も行っている。


主な著書・訳書

*「高機能自閉症・アスペルガー症候群 「その子らしさ」を生かす子育て 改訂版」(2009年・初版は2003年)
   アスペルガー症候群の具体的な特性と支援の基本方針を解説。

*「あなたがあなたであるために―自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド」(2005年)
   クリニックで実施されている本人向け小集団勉強会のテキストを書籍化。

*「自閉症・アスペルガー症候群 「自分のこと」のおしえ方」(2011年)
   診断名告知をいつ・誰が・どのようにして行うかを論じ、告知文のテンプレートを掲載。

の単著書がある。

 またローナ・ウィング博士の代表的著書「自閉症スペクトル」(東京書籍、1998年)の共訳者の一人でもある。

 なお、「あなたがあなたであるために」と「その子らしさを生かす子育て」の2著書は英訳され、英国Jessica Kingsley Publishersから出版されて多くの書評欄で取り上げられている。http://www.jkp.com/catalogue/book/9781843105046/review/